長野、松本、飯田を中心とした長野県全域の相続、遺言、遺産分割、相続税申告など相続に関する無料相談実施中!

松本・長野 相続手続支援センター信州

  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

無料相談予約受付専用ダイヤル 長野駅前 0120-49-1322 松本駅前 0120-97-3713 飯田店 0120-13-6415

贈与税とは?


kuroki-egao0006.png

贈与税とは、個人から現金や不動産など価値のあるものを譲り受けた時にかかる税金です。
実際の価値よりも著しく低額で財産を譲り受けたり債務を免除してもらったりした時にも贈与税は適用されます。

下記に贈与税の課税対象となるものや、その税額の計算方法をご紹介します。なお、税金に関する詳細な内容については、専門家へご相談ください。



贈与税の課税対象となるものは?


個人から年間110万円を超える財産をもらったときには、贈与税がかかります

年間110万円までは基礎控除額として税金は掛かりません。
ただし、毎年110万円ずつ譲渡し続ける行為は、相続税を回避している行動とみなされ、税金が発生する場合もあります。

また、贈与税は贈与によって譲り受けたすべての財産にかかります。
ここでいう財産には、現金、預貯金、有価証券、土地、家屋、借地権、貸付金、営業権、各種会員権など金銭に見積もることができる経済的価値のあるものすべてが含まれます。

中には贈与でも非課税とされるものがあります。
たとえば、扶養義務者からもらう生活費や教育費、その他香典、歳暮、お見舞いなど社会通念上相当と認められるものは贈与税がかかりません。


贈与税は贈与する相手金額により異なります。

詳しくは下記のページをご覧ください。

>>贈与税の税率構造


長野駅前 0120-49-1322 松本駅前 0120-97-3713

 

センターに関する詳しい情報こちらをご覧ください! 

matusima-egao0004.png

料金表

 

お客様の声

 

アクセス

スタッフ紹介

 

センター紹介

 

HOME