長野、松本、飯田を中心とした長野県全域の相続、遺言、遺産分割、相続税申告など相続に関する無料相談実施中!

松本・長野 相続手続支援センター信州

  • トップページ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

無料相談予約受付専用ダイヤル 長野駅前 0120-49-1322 松本駅前 0120-97-3713 飯田店 0120-13-6415

相続人関係図

相続人関係図とは亡くなった方(被相続人)の相続人が誰なのかを図式化したものです。
相続人と被相続人の関係性が可視化されるため、相続に必要な戸籍の収集が効率的になります。
金融機関などでの相続手続きにも利用でき、遺言書の検認を受ける際にも円滑になるため便利です。

相続人関係図作成のポイント

作成時のポイント

誰が見ても一目でわかる
⇒相続人関係図は被相続人と相続人の関係性を目に見える形で図式化することに意味があります。
ですから明瞭かつ誰にでもわかるものを作る必要があります。


登記された住所・氏名が一致
⇒相続不動産の登記簿謄本に書かれている被相続人の住所が、被相続人の最後の住所地と一致しているか、を確認しましょう。住所が異なる場合は、被相続人の過去の住所が分かる資料(戸籍の附票など)が必要になります。相続人の氏名(漢字の表記など)が間違っていないかを確認します。氏名は戸籍の通りに書きましょう。旧字体や変体仮名の場合も現代仮名に直さずそのまま書き写します。

戸籍・相続証明書等相続証明書類との関連性がある
⇒関係図は戸籍・相続証明書等、各種証明書類を基に作成する必要があります。

 

≫≫戸籍収集に関する詳しい内容はコチラ

 

各種証明書類に書かれている情報に基づいて作成しなければなりません。また、相続人を確定させるために必要な情報であれば、相続人でない親族や、既に亡くなっている親族を相続関係図に記載する必要があります。反対に、相続人の特定のために必要でない親族は相続関係図に記載をしません。

相続人関係図のサンプル

以下に相続人関係図の見本を記載しておきますので、ご参考ください。

 

相続関係図.png

 


当センターでは相続人関係図の作成サポートも承っております。
相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。


長野駅前 0120-49-1322 松本駅前 0120-97-3713

 

センターに関する詳しい情報こちらをご覧ください! 

matusima-egao0004.png

料金表

 

お客様の声

 

アクセス

スタッフ紹介

 

センター紹介

 

HOME